妙蓮寺

2016.1.16 即是道場

本日は本門寺で岡本上人のお話をききました。

何かしたためるなら「即是道場」がいいですよと言われたのですが、
これは(すなわちこれ道場なり)と読みます。

日常生活のすべてが修行であるのだという意味と理解しています。
お釈迦様の教えですが、悟りをひらくのはどこでも出来て、そこで
「縁」が人と人、人とお釈迦様を結ぶと。

私はお釈迦様はすべての事は中庸がいいと言っているのだと考えています。
人は心穏やかでいることを望んでいて、それが安心なのです。
怒ったり泣いたりするのは、安心の状態に戻るための通過儀礼であるし、
何かを見て、なんだか嫌だなと思うのはどちらかに偏りがあるからで
安心出来ていない気持ちに気づいているから。

荒れた職場だった頃、無難な人間は目立つことはなかったけれど、
人と人の仲を取り持つことに一番役立っていたなあと今思います。

(檀家A)